wiki:TipAndDoc/Windows/Windows10

upgrade/activation

  • Windows 7 Ultimate -> Windows 10 Pro
  • Windows 8 core edition -> Windows 10 Home
  • 一度アップグレード→アクチベーションしてしまえば、その後何度クリーン再インストールしてもOK
    • HDD/SSDの交換程度であれば問題ない模様(どの程度保証されるのかは不明) 参考
    • 仮想マシン環境では、ホストOS・ベアメタル環境が変わってもVMの設定ファイルが同じであれば認証される模様(ライセンス的にOKかは不明)
  • 同じPCで、複数回アップグレードを行うと、Windows 10 Home/Proいずれでもアクチベーション可能なPCとなる
  • x86とx64の区別はないが、HomeでアクチベーションしてProに変えることはできない模様(エディションのみ区別される)
  • 仮想マシン構成ファイルをバックアップし、クリーンインストールでアクチベーションが維持されるか
    • VMware; vmx, vmdkファイルなどをフォルダごとバックアップでOK
    • Hyper-V: エクスポート→インポートでOK
    • VirtualBox: vbox, vdiファイルなどをフォルダごとバックアップでOK
  • ovf形式にエクスポートすると構成情報が維持されない模様

disk layout

  • 未設定の新規ディスク(500GB)にクリーンインストールする際、C:ドライブのサイズをしていなかった場合のパーティションレイアウト

custom partition layout

  • 「ディスクの管理」を用いてGPTディスクへ変換を行うと、パーティションがディスクの先頭から17KBのオフセットで作成されてしまう(diskpart.exeで「convert gpt」でも同じ)

install with custom partition layout

  • インストールウィザード中に、Shift+F10でコマンドプロンプトを立ち上げ、diskpartを用いて以下のように入力する
  • インストールウィザード中のdiskpartでは、パーティションがディスクの先頭から1024KBのオフセットで作成されるため、「delete partition override」は必要ない
    1. EFI用領域、システム予約、回復パーティション
      DISKPART> clean
      DISKPART> convert gpt
      
      DISKPART> create partition efi size=128
      DISKPART> format quick fs=fat32 label="System"
      
      DISKPART> create partition msr size=128
      
      DISKPART> create partition primary size=512
      DISKPART> format quick fs=ntfs label="Recovery tools"
      DISKPART> set id="de94bba4-06d1-4d40-a16a-bfd50179d6ac"
      DISKPART> gpt attributes=0x8000000000000001
      
    2. C:ドライブ、その他の設定(ここでは96GiB)
      DISKPART> create partition primary size=98304
      
    • DISKPART> list part
      
        Partition ###  Type              Size     Offset
        -------------  ----------------  -------  -------
        Partition 1    System             128 MB  1024 KB
        Partition 2    Reserved           128 MB   129 MB
        Partition 3    Recovery           512 MB   257 MB
        Partition 4    Primary             96 GB   769 MB
      
  • D:ドライブ以降はOSのインストール後に設定する方が簡単
  • インストールウィザード開始前に、あらかじめ設定しておくことも可能

Threshold 2

  • サイズは大きい(3GB以上)が、DL自体は高速

SYSTEM_THREAD_EXCEPTION_NOT_HANDLED

  • spec
    • M/B ASUS H97M-PLUS
    • Core i7-4790 3.60GHz
    • Arch Linux 4.2.5-1-ARCH x86_64
    • qemu 2.4.1-1
    • seabios 1.8.2-1
    • libvirt 1.2.21-1
  • バージョン1024から1511へのアップグレードに失敗する
  • ダウンロード→再起動後エラーで失敗しロールバックする
  • クリーンインストールでは問題は起きない
Last modified 15 months ago Last modified on Jul 24, 2016 2:37:42 PM

Attachments (10)

Download all attachments as: .zip