wiki:TipAndDoc/VM/VMware/ESXi

making USB installer

  1. syslinuxをDL -> http://www.kernel.org/pub/linux/utils/boot/syslinux/
  2. syslinux.exe -am <DRIVELETTER of USB-flash>
    • 管理権限で実行すること
  3. VMware-VMvisor-Installer-4.0.0-171294.x86_64.iso の中身をUSB-flashにコピー
  4. isolinux.cfgをsyslinux.cfgとリネーム

install unsupported Harware

インストール手順

  1. #makingUSBinstaller に従ってインストーラブルUSB-flashを作成
  2. oem.tgzをUSBにコピー、syslinux.cfgを編集してoem.tgzを読み込むように修正する
    • diff of syslinux.cfg
      • syslinux.cfg

        old new  
        55label ESXi Installer 
        66menu label ^ESXi Installer 
        77kernel mboot.c32 
        8 append vmkboot.gz --- vmkernel.gz --- sys.vgz --- cim.vgz --- ienviron.tgz --- image.tgz --- install.tgz 
         8append vmkboot.gz --- vmkernel.gz --- sys.vgz --- cim.vgz --- ienviron.tgz --- image.tgz --- install.tgz --- oem.tgz 
        99 
        1010label ^Boot from local disk 
        1111menu label ^Boot from local disk 
  3. HDDにインストール
  4. 再起動前に、インストール済みHDDを別のLinux機などにmount
    • ボリュームラベルが「Hypervisor1」となっている5番目の(論理)パーティション(HDDが/dev/sdaなら/dev/sda5)が目標
    • なお、FAT16なのでWindows機でも普通にマウントできる
    • see also diskstructure
  5. 同じoem.tgzを5番目のパーティションにコピー
  6. HDDを元に戻して再起動

M2A-VM

onboard SATA

  • diff simple.map
    • simple.map

      old new  
      33331000:1960 0000:0000 storage megaraid2.o 
      34341000:9010 0000:0000 storage megaraid2.o 
      35351000:9060 0000:0000 storage megaraid2.o 
       361002:4380 0000:0000 storage ahci 
      36371002:4390 0000:0000 storage ahci.o 
      37381002:4391 0000:0000 storage ahci.o 
      38391002:4392 0000:0000 storage ahci.o 

onboard SATA and NIC(Realtek)

  • WARNING!
    • ドライバが不十分なのか、ゲスト側の通信がいきなり不通になることがあった。
    • コンソール上でも気になる表示が出ている => attachment:realtek.jpg
    • 本番環境に使うには不安が残る。
  • diff simple.map
    • simple.map

      old new  
      33331000:1960 0000:0000 storage megaraid2.o 
      34341000:9010 0000:0000 storage megaraid2.o 
      35351000:9060 0000:0000 storage megaraid2.o 
       361002:4380 0000:0000 storage ahci 
      36371002:4390 0000:0000 storage ahci.o 
      37381002:4391 0000:0000 storage ahci.o 
      38391002:4392 0000:0000 storage ahci.o 
       
      22322410df:fe00 0000:0000 storage lpfc820.o 
      22422510df:fe05 0000:0000 storage lpfc820.o 
      22522610df:fe12 0000:0000 storage lpfc820.o 
       22710ec:8168 0000:0000 network r8168.o 
      2262281103:0004 0000:0000 storage pata_hpt3x2n.o 
      2272291103:0005 0000:0000 storage pata_hpt3x2n.o 
      2282301103:0006 0000:0000 storage pata_hpt3x2n.o 

with wget

add user

  • 「ユーザおよびグループ」タブで追加する
  • 「ユーザおよびグループ」タブとは別に、「権限」タブで追加したユーザを登録しておかないと、vSphere Clientでリモート接続できないので注意
  • ローカルコンソールから、追加したユーザでログインして操作するためには「localadmin」グループに参加している必要がある

enable ssh access

  1. ローカルコンソールで「Alt+F1」
  2. エコーバックはないが、「unsupported」と入力。password: プロンプトが出るので、rootのパスワードを入力してログイン
  3. /etc/inetd.confを編集
  4. ESXiを再起動
  • rootユーザ以外でのログインは対応していない?
    • /etc/passwd を修正することでログイン可能になる
  • ロックダウンモードを有効にしていると、rootも無効になるため、sshで接続は出来るがログインは出来なくなる模様
    • 再起動後、ロックダウンモードでもrootアカウントにsshよりログイン可能になった

misc

  • Failed to load lvmdriver
    • 認識可能なNICが一つもない環境だと、インストーラの起動がこのエラーとともに停止する模様
  • 「データストア」は「/vmfs/volumes/<識別名>/」でアクセス可能
    • attachment:datastore.png
    • ls -ld /vmfs/volumes/local
      l---------    0 root     root               1984 Jan  1  1970 /vmfs/volumes/local -> 4afb7002-06459142-e030-001d607815fd
      
Last modified 6 years ago Last modified on Sep 18, 2011 7:03:15 AM

Attachments (8)

Download all attachments as: .zip