Changes between Version 13 and Version 14 of TipAndDoc/network/macvlan


Ignore:
Timestamp:
Jul 22, 2018 10:35:18 PM (4 years ago)
Author:
mitty
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TipAndDoc/network/macvlan

    v13 v14  
    171171  * DHCPdからは異なるMAC Addressに従って異なるIPアドレスのofferがReplyとして送出されている 
    172172 
    173  * Linux Bridgeの場合でも、eth0とMAC Addressが同じになるbr0においてはIPアドレスを取得できるものの、異なるMAC Addressとなるvethからはアドレスを取得できない 
     173 * ゲスト内がLinux Bridgeの場合でも、eth0とMAC Addressが同じになるbr0においてはIPアドレスを取得できるものの、異なるMAC Addressとなるvethからはアドレスを取得できない 
    174174 * macvlan/macvtapは、Linux Bridgeとは異なり自身に設定されているMAC Address以外のイーサネットフレームを受け取ることができないのではないかと思われる 
    175175  * 他のVMにおいてdhcpcdを動作させて、{{{ff:ff:ff:ff:ff:ff}}}あてのパケットを送出したところ、{{{eth0}}}において観測できたことも裏付けになる 
    176176 * ホストにおいて{{{ip link set macvtap promisc on}}}としてみたが変化はなかった 
     177 
     178 * ゲスト内でL2 VPNのサーバを立てる場合などでも同様に通信できない原因となるので、注意が必要